顧客に対し最高のトレード環境を提供


sdf88XM/XEMarkets (エックス エム)の運営会社であるTrading Point of Financial Instruments Ltd社はキプロス証券取引委員会(CySEC)の認可を受け2009年より営業を開始したキプロスを本拠地とした外国FXです。2011年からは日本でもリクオートの無い安定した取引環境と、ボーナスの充実した入金サービスでユーザー数を伸ばしてきている会社です。

そこで、新たに顧客に対し最高のトレード環境を提供すると目的として、運営スタッフ等のバックオフィス環境の大幅改善、サーバーインフラの増強や入出金方法の利便性向上、レバレッジの最大化などを実現しサービスを刷新したのがロスカットがあって安心のXM.comなのです。

XM/XEMarketsは、英国FSAのライセンスも保有していることから1顧客あたり最大2万ユーロまでの信託保全を実現していますから、国内の業者が金融庁から縛られている条件とほぼ同じレベルでリスクヘッジができる仕組みを導入しているといえるのです。

XMが用意するアカウントの種類とスプレッドについて

XMが用意するアカウントはマイクロアカウント、スタンダードアカウント、エグゼクティブアカウントの3種類が設定されており、どれもマイクロロット(0.01LOT)での取引と円口座に対応しています。最大レバレッジはマイクロアカウント、スタンダードアカウントでは、国内業者にはない最大888倍を選択することができます。スプレッドはドル円=2.0~2.5pips ユーロドル=2.0pips前後、ポンドドル=3,0pips前後と必ずしも低い数字ではあいませんが、完全にカバー先の銀行に自動的にリンクしていますので、約定力が高くスリップのない取引を実現してくれるのです。

入金ごとのボーナスがXM最大の魅力

XM/XEMarketsに入金しますと初回入金額では額面の50%(最大1万米ドルが上限)のボーナスを受けとれます。また、2回目以降の入金にも、30%のボーナス(最大1万米ドル上限)を受けることができ、特別な申請はなく自動的に自分の口座のクレジットに加算されて証拠金の一部として利用することができるのです。出金こそ出来ませんが、口座内に自分の証拠金とクレジットを分けて管理できますので、ひとつの口座にいれてしまって複雑なルールで出金のできない競合他社とは違い、非常にわかりやすい口座管理が実現しているのも大きな特徴で使いやすくなっています。