海外のFX業者を利用するメリット

海外のFX業者を利用する一つのメリットとしては、レバレッジが高いということです。 現在、法律によって、レバレッジというのは25倍が最高と決められています。規制される前に取引をレバレッジの高いもので行っていた人にとっては、物足りないと思える制度でしょう。

一方、海外のFX業者の場合はこのような規制がないため、日本のレバレッジ規制は対象にはなりません。そのFX業者が所属している国の法律が同じである以上、レバレッジは100倍を超えるようなもので取引を行うこともできます。大きな利益を高いレバレッジで狙うような人にとっては、非常に大きなメリットの一つと言えるでしょう。

また、海外のFX業者の中には、追加の証拠金をなしにするようなサービスを行っているところがあります。証拠金というのは、Forexの取引の間、為替相場が変動することによって増減します。証拠金がロスカットレベルを下回った場合、ロスカットという自動的に取引を決済することが行われ、預託した証拠金をオーバーするような損失が発生すること避けています。


fsd88スマートオプションのホームページには日本語の取引画面(プラットフォーム)も用意されています。見やすい構成になっているので、思っていたのと違う取引に飛ばされてしまうような、他のサイトによくあるような誤操作は防げます。

また、日本語でのサポートも特に問題を感じることはありません。日本語によるオンラインチャットやメールの対応はしっかりしていて、質問に対しても24時間以内に対応してくれます。年中無休の24時間対応でサポートをしてくれるので、上級者だけでなく初心者も安心して取引が楽しめる業者と言えるでしょう。

ちなみに、海外業者の多くがキャッシュバックなどのキャンペーンをしていますが、ここでは月例ボーナスのほかにも豪華なキャンペーンがあります。また、取引歴が長い利用客や取り扱う額が大きい顧客には、リターン率アップなどの特別待遇も用意されています。
sfd77海外バイナリーオプション専門業者の草分け的存在であり、抜群の知名度を誇るのが24オプションです。初心者にとって最低入金額25000円というのは許容範囲だとしても、最低取引金額2400円というのは些か大きいかもしれません。その代わりハイ/ロー(かつては高/低という表記)オプションにおける任意スタートからの5分判定といった簡単さ、また「高」を選択すればそのラインから上が白く表示されるなど、見やすく工夫されており、システムの優秀さを実感できます。

●ワンタッチ型
表示される目標レートに一度タッチするかしないかを選択する取引方法です。ブレイクアウト手法に習熟していれば没頭できるオプションといえます。
●境界型
設定時間内にレートの範疇に納まっているかどうかを予測するオプションで、レンジイン・レンジアウトとも呼ばれます。しかしイン・アウトの選択はできず、まずそこには納まらないだろう、というような条件が提示されることが多いようです。
●短期取引型
業界では当たり前の60秒に加えて、24オプションには30秒という超短期型の取引もあります。
fsd77バイナリー88では、相場の変動が少ない停滞した時期でも利益を得る方法が用意されています。レンジオプションを使うことで停滞した相場でも利益を狙うことができます。また、バイナリー88は豊富な取引オプションだけでなく、豊富な取引銘柄がありますので、さまざま情況でも活用できるオプションが見つかるはずです。ただ待つ、見ているという情況にならないのもバイナリー88の優れたところです。

入出金がすばやいこともバイナリー88の人気に理由です。入出金に時間がかかってしまうと不安になりますが、出金においてわずか数日で引き出しができるバイナリー88ならばそういうこともありません。入金に関しても1万円から、投資金額も最低1000円という小額から可能ですので、トレードを気軽に始めるやすい環境になっています。それでいて、81%という利益を早い時にはわずか数分間という時間であげることが可能な魅力あるブローカーですので、多くのユーザーが参加しています。
hyyyd「XM(XEマーケット)」の母体である「Trading Point of Financial Instruments Ltd社」は2009年、日本の金融庁と同等の組織であるキプロス証券取引委員会(CySEC)からの承認を取り付けてサービス提供をスタートしました。日本進出は2011年頃からで、これまでリクオートの心配がない安心の取引環境が整備されていることと、入金時に受け取れるボーナスなどのサービスの良さで顧客を拡大してきました。リニューアル時はそれまでのユーザーから集めた要望を基にし、それまでにない至上のトレード環境を構築すべく、運営スタッフ入出金方法、サーバーインフラなどの見直しを図り、レバレッジ最大値などのサービスについても改善しました。

それだけではありません。XMは世界で最高に監督基準が厳しいとされている英国FSAのライセンスも取得しています。これにより、万が一会社が経営不振に陥り、破綻してしまうような事態になっても、顧客の資金は最大で2万ユーロまで保障されることになりました。海外業者でFX取引するユーザーにとり、これは非常に大きな安心要素となっています。



しかしながら、テロや戦争、自然災害、金融危機などによって、非常に大きな被害が発生すると、急激に為替相場が変動する場合があります。為替相場は、このような場合には大きくロスカットのレベルを下回ってしまって、損失が預託した証拠金以上に生じる、という場合もあります。このような状態になると、国内のFX業者の場合には、証拠金を追加して預託するといういわゆる追証が要求されます。

一方、先にご紹介したように、海外のFX業者の中には、証拠金を損失が上回った時にすぐに決済をして、追証なしのサービスを行っているところがあります。全ての海外のFX業者が行っているサービスではありませんが、国内のFX業者では行っていないこともあり、海外のFX業者を利用するメリットの一つと言えるでしょう。

一方、海外のFX業者にはデメリットもあります。以前は、海外のFX業者を利用する場合、出金の際の手数料が一つのデメリットとしてありましたが、最近は、この手数料が無料の業者も多くなっています。

一方、海外と国内の制度上の違いよるデメリットに関しては、今後も注意が必要です。例えば、普通、ハイリターンがよく強調される海外のFX業者のレバレッジについてですが、高い数百倍というようなレバレッジは、一方では、ハイリスクにもつながってきます。FXが初めての人や、経験があまりない人などは十分に注意しましょう。

デイトレード

FXにおけるデイトレードのメリット
デイトレードのメリットについて説明します。私は以前FXをしておりました。FXで日々の小銭を稼げればと思い、やっておりました。FXは24時間稼動するため、株のように9時~15時(日本市場の場合)の限られた時間帯だけでなく、フルに活動ができます。そのため、自分の活動したい時間を自由にきめることができ、仕事をしている人でも十分稼ぐチャンスがあるのがデイトレードです。

しかし、大半は市場の葉発表内容(経済指標など)に左右され、その発表時の変動をしっかりとつかまなければ大きな利益を得るのは難しいです。ですが、世界各国で経済は動いており、日本時間の夕方以降に活動する国の通貨を扱うようにすれば、問題はありません。これがデイトレードのメリットのある部分だと考えます。

FXにおけるデイトレードのデメリット
次に、デメリットについて説明します。24時間、市場が動いているため、どの時間帯でも活動できることがデメリットです。つまり、どの時間帯でも活動できることはメリットでもあるのですが、同時に目を離せないため、活動し続ける可能性があり、やっている方としては負担が非常に大きくなります。
私自身、FXで稼ぐために平日の明け方までパソコンを開いて対応していたことがあります。明け方まで対応するということは、余裕がない状態つまり、いつお金がはじけてもおかしくない状態で心配であったため見ているしかなく起きていたのです。これが株であれば起きている時間帯は限られます。ですが、FXで市場が24時間動き続けているため、同じデイトレードでも株とは異なり、負担が大きくなるのです。私はFXでデイトレードを始めた当初は毎日10万近く稼いでおりました。会社に行くことがあほらしくも感じておりました。こんなに稼げるのなら、会社を辞めてもいいのではとも考えておりました。

しかし、動かせるお金に限界がきたとき、つまり、いつはじけてもおかしくないとき、私の心と体は限界に近づいておりました。結果、私はもちがね全てがはじけてしまい、保証金だけが戻ってくるといった状態に陥りました。はじけてなくなったお金は1300万円です。帰ってきた保証金はわずか30数万円です。FXのデイトレードはとても危険であることを身をもって理解しました。活動できる時間が長いということはそれだけリスクを追う時間が長いということです。

デイトレードを否定するつもりはありません。ですが、自分の動かせる範囲でやるべきだし、時間の制限を設けてやれば危険な賭けも生じにくくなるので、デイトレードではなく、限られた時間だけやってみる方が良いと考えます。